カラコン ドライアイ

ドライアイでもカラコンは使用可能なのか

ドライアイでもカラコンは使える?

パソコンやスマホといったデジタル機器が普及しているこの世の中。
ドライアイは現代病と言っても良い程、患者さんが多いといわれています。

 

ドライアイは、疲れ目とも混合しやすいのですが、目がゴロゴロしたり目の痛みや視界がかすむ、目の渇きや目がずーんと重たくなるといったものが主な症状です。
視力補正用のコンタクトやカラコンを始めて購入される際には必ず眼科で検査しレンズを使用しても問題がないかどうかを診ていただきますが、そこでドライアイだからコンタクトは使用できませんといわれることもあるので注意が必要です。
最近ではアレルギーやドライアイに対応したレンズやお薬が開発され、ドライアイの方、アレルギーをお持ちの方でもレンズを装着できる場合も増えてきていますが、ソフトレンズをお使いの際、レンズが入っていても目が異物と感知できず涙の分泌量が減ってしまいだんだんと目の水分が減ってしまうこともあるので、もし医師が使用不可と判断された時には従いましょう。

 

ドライアイや疲れ目の原因としては、パソコンなどによる目の酷使、冷暖房での空気の乾燥や生活習慣の乱れでの涙の不足、目が大きい人は涙が蒸発しやすいようですので、まずはドライアイの改善に努めることをオススメします。
また、ドライアイでもコンタクトが使用可能と診断された場合も、定期的に専用の目薬を使用し、目の違和感などがあればすぐに受診を、そして毎日のケアや使用方法をしっかりと守り、目の健康を維持しつつ目のおしゃれを楽しみましょう。